Danner
FREDDO MS(D120100)

D120100
18,700円(税1,700円)
定価:18,700円(税1,700円)
COLOR/SIZE

DANNERの冬の定番となったFREDDO。

防水メンブレン素材「ダナードライ」をインサートし、中綿には軽量で断熱性に優れる高機能中綿素材「シンサレート(R)」を採用した、防水仕様のウィンターブーツ。
アッパーには撥水処理を施したマイクロスエードを採用し、ライニングの素材も足入れしやすいジャージ―素材を採用。
バックステイのラバーパーツは左右非対称になっておりインサイドは倒れ込みを防ぐアーチサポートパターンになっている。
アウトソールは低温状態によるラバーの硬化現象を抑えるアイストレックコンパウンドを適用。
ラバーの軟性を維持する事で、濡れた路面や雪面でもグリップ力を維持。
アウトドアシーンのみならず、タウンでの使用にもその高い機能性は如何なく発揮。

〜DANNER/ダナー〜
1932年、チャールズ・ダナー、ウィリアム・ウィエンハーグとその甥の3人によって、アメリカウィスコンシン州で誕生した。
当初は、ワークブーツを生産する工場で、低価格のワークブーツを製造・販売していた。ウィエンハーグが他界後は、本拠地をオレゴン州ポートランドに移し、事業をチャールズ・ダナー一人で行うようになった。
第二次世界大戦中は、「造船所の靴」と呼ばれる樵用の作業靴メーカーとして有名になったが、チャールズ・ダナーは病気を患い、息子のビル・ダナーが後を引き継ぐようになる。
1960年代には、ハイキングブーツを生産ラインに加え、「マウンテントレイル」というモデルを発表。
当時、このモデルはバックパッカーの間で絶大な人気を博していた。1979年には、「ダナーライト」というモデルで、世界で初めてゴアテックスをブーツに採用する。
現在では、アウトドアブーツの定番ブランドとして知られている。創業以来、「実際にダナーの靴を履く人が、不便を感じずに、使いやすく耐久性に富んだ靴を作る」がコンセプトである。